ビンテージを模倣するだけのギターならもういらない・・・・。
過去の英雄の物真似をするのではなく、より自分らしくあるために・・・・・・。



2004年、Psychedelic Guitarsの初号機となったPSY-228。
現在、Psychedelic Guitarsはすべてカスタムオーダーとなりますが、このモデルを通してPsychedelic Guitarsの拘りを紹介します。
SPECIFICATIONS
■Body/Spolted Maple Top Ash Back
■Neck & Fingerboard/Maple on Ebony
■Controls/Master Volume , Master Tone , Mid Boost Gain at Push up ,5way Pickpus Select SW , Pasive Booster PRB-1
■Pickups/Neckside PSY-01 , Center PSY-01R , Bridgeside PSY-02,
■Bridge/PT-01C
■Machines/SPERZEL TRIMLOK
■Finish/CN


【Body & Neck】
厳選されたスポルティッドメイプルをトップに、アッシュ材をバックに採用したBody、硬質のメイプル オン ヱボニーネックの採用で、つぶが揃い輪郭のはっきりとした立ち上がりの良さが特徴です。
しかもNeckは、違和感の無い22フレット仕様となっており、ストレス無く、プレイヤーの表現する世界を広げてくれます。
音が埋もれることなく、豊かな倍音を生み出し、心地よいサスティーンと共に、独自のトーンを与えてくれます。
ナットは牛骨ナットを採用。長時間オイルに浸した牛骨ナットは、ナチュラルな弦振動と、安定したチューニングをキープします。
ネックジョイント部分は、通常の4点止めながら、わずかにヒールレス加工を施し、ハイポジションでのプレイヤビリティと同時に、ボディの鳴りを殺してしまわないような設計になっています。
ネックエンドに取り付けられたエボニー製のカバーをはずせば、弦を張ったままネック調整が可能なEZAを採用しています。
日本のような四季のある国では、Neckのこまめな調整は不可欠です。
ギタープレイヤーなら誰もが一度は経験したことがあると思うのですが、ほんの少しネックの状態が変わるだけで、
ギター全体のバランスを崩し、思うような音色が出せなかったり、普段楽に弾けるフレーズにつまづいたりすることになります。
微妙なネックの動きを察知し、瞬時に調整することは、自分のプレイを大切に考えるギタリストにとっては、一番大切なことかも知れません。

【Hard wear】
マシーンヘッドは、信頼度の高いロッキングぺグ スパ−ゼル トリムロックを採用。絶妙のヘッドバランスと安定したチューニングをキープします。
トレモロブリッジはオリジナルのPT-01を採用。ナイフエッジ加工されたブリッジと、ナイフエッジ加工専用のマウントビスを採用することにより、過激なトレモロプレイにも対応し、フローティングするようなセッティングに対しても完璧にチューニングをフォローします。
これらのマシーンヘッドとトレモロブリッジのコンビネーション、さらにオイルドナットの採用、そしてそれらのバランスをとるセッティングで、プレイヤーはチューニングや、ピッチの問題から開放されることになるでしょう。
PT-01
PT-01 Cr Set
11,000yen(税別)
ナイフエッジ加工専用のマウントビス

ピックアップは、オリジナルのPSY-01をフロント、センターに、PSY-02をリアにロケーション。
ワイアリングコイルターン数の違う2種類のピックアップを採用することにより、ビンテージサウンドを再現するだけではなく、音の立ち上がり、豊かなローミッドを表現。
もちろんセンターピックアップはリバースワイアリングで、ハーフトーン時におけるノイズを軽減させる配線になっています。つまり3つのピックアップはすべて違うもので、それぞれのポジションで最高の役割を果たしてくれます。


PSY-01/PSY-02R/PSY-02
各8,000yen(税別)

新開発のパッシブブースターPRB-1は、バッテリーを使用することなく、瞬時にミドルをブーストすることが可能です。
よりナチュラルに、より太いトーンとロングサスティーンを創り出すことができます。
若干甘めで、しかも図太いトーンは、まるでハムバッキングピックアップを搭載したギターのように、そのキャラクターをチェンジしてくれます。
しかも、ブーストゲインを自由に手元でコントロールすることが出来るので、お好みのブーストを瞬時にチョイスすることが出来ます。
また、リアルバイパス回路により、ブースターOFF時は完全にブースター回路をバイパスする為、余計なノイズや音痩せの心配もありません。


ギターに限らず、良いものとは、単に最高級の素材をよせあつめたものではなく、素材それぞれの特性をよく理解し、
そのバランスのとれたものであると我々は考えます。
しかも、良いギターとは、プレイヤーによって違うのは当たり前で、あるプレイヤーにとって最高のギターは、別のプレイヤーにとって最低のギターとなることもあるでしょう。
骨董品的な価値をお求めなら、このギターはある意味、最低なのかもしれません。
ただこのギターを理解していただける本物のプレイヤーの方々にとって、
このサイケデリックギターは最高のギターであると確信しています。

2004.03 Psychedlic Guitars








Top page