"ナルチョ"の愛称で知られる、泣く子も黙るスーパーべーシスト鳴瀬喜博。そのイケイケのプレイは他の追従を許さない。
ロックからジャズまでこなすという幅広い音楽性と、その超絶技巧はまさに天下一品。
またしばしば観客席にまで乱入するというその熱狂的なステージ・パフォーマンスは、ライブでの大きな魅力のひとつだ。

「カルメン・マキ&OZ」「金子マリ&バックス・バニー」等で活動後「QUYZ」「CHAOS」「うるさくてごめんねバンド」等のバンドを率いてのソロ活動。多数のセッション、ライブ、アルバム製作と、積極的な活動を続け、現在は「カシオペア」「野獣王国」「URUGOME」のベーシストとして活躍中!!
TUNEとのコラボレイションは、TUNE設立当時から始まり、カシオペアに参加する1989年、初のシグネイチャーモデルを製作、現在に至る。その長い歴史の中で「アカッパチ」「ケロンパチ」「アカテン」など数々の名機が誕生した。


Narucho's Profile
It is no doubt that Narucho is one of best bass player in Japan. His dynamic and technical
play created many followers in Japanese music scene. His playing style covered from rock
to jazz attracts most audience in his performance.

Narucho has worked with Carmen Maki & OZ, Mari Kaneko's band, QUYZ, CHAOS and
other leading bands while he proceeds his solo projetcs, sessions and studio recordings
Now he is with Casiopea, Yaju Oukoku and Urugome.
When Tune company was established, Narucho has started to colaborate with our
projects. At time when he joined Casiopea in 1989, Tune bass made his signeture models
such as "AKAPPACHI", "KERONPACHI and "AKATEN".